読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Overwatchについて考える

Overwatchについて自分の考えをまとめるブログ

現在主流の3タンクメタについて

環境考察

3タンク構成にはどういった主張があるのかを考えて行きたいと思う。

まず、現在メジャーな3タンク構成は

ラインハルト、D.Va、ロードホッグorザリア、ソルジャー76、アナ、ルシオ

といった編成である。

ロードホッグかザリアかの判断は難しいところだが、どちらにも得手不得手があるので使い分けが必要だろう。両ヒーローの違いに関してはヒーローごとの考察も行っていこうと思っているのでそこで考えていきたい。

 

 

それでは、3タンク編成は従来のタンク2、アタッカー2、ヒーラー2の編成と比べて何が違い、どういう主張があるのかを考えていく。

まず3タンク編成が強いのはアナの瓶によるところが大きいのではないだろうか。

アナの瓶は味方に当てれば即時回復+ヒールブーストで、敵に当てれば回復不可のデバフ付与という性能だが味方タンクに当てる事を考えた場合味方アタッカーに当てた場合には無いシナジーがある。HPが多い=死ににくいというのは浅いロジックだが当たり前のことで、それを瓶で一瞬でヒール出来るのだから、HP200や250のアタッカーに対して瓶を使うのに比べてチーム全体の耐久力が違ってくる。逆に相手に瓶を入れられた場合を考えてもアタッカーに比べ回復阻害中に生き残る可能性が高い。

つまりアナのヒール能力とタンクの耐久力とのシナジーによる前線維持力が主張と言えるだろう。それを踏まえてアタッカーやタンクのピックを考えると3タンクの前線維持力とソルジャー76とD.Vaの継続火力の高さは相性が良く自然なピックだと言えるだろう。

加えてD.Vaは高所への移動が容易な事もあり、敵ソルジャーへの張り付き、高台アナへの妨害などメジャーヒーローに対して強く、ディフェンスマトリクスによってラインハルトの盾を補助出来るなど噛み合っている点が多い。

しかし、タンクを増やすと2タンク編成相手にラインハルトの盾割り合戦で負けるのではないかという心配があるが、それはロードホッグの盾割性能やザリアのバリアによるスイッチで十分取り返せるというのも主張だろう。

ロードホッグのフックやザリアのバリア+ハルトのチャージによるイニシエートも有力であり持久戦に向きながらも早い段階での突破が可能な編成だと言えるという面もある。

 

・考えられる弱点

弱点はアナが落ちるとルシオではPTを支えられないことだろう。巨体のヒーローが多く被弾も増えるためアナのヒール無しには成立しない。

ライン戦ではなく混戦になり、ラインハルトの盾が機能しづらい状態も3タンクにとって辛いだろう。この状況は継続火力が活き辛く、ホッグのフックで1Pickすることやアナの回復阻害で早めに人数差を作ることなどが求められる。ソルジャーも普段よりaimが要求されることになるだろう。

まとめ

アナが居ることによりタンクを増やす編成が固い

戦闘時間が長くなるほど継続火力のあるソルジャーやD.Vaが輝く

ホッグのフックやザリアハルトのバリアチャージによるイニシエートが期待出来る。

ライン戦に強い編成である。

アナが狙われると辛い